スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すとすて辞典:剣士

half-swordsman.png

剣士/Swordsman

王国ゲームのユニット。近接系。攻撃に成功すると建物を1つ破壊し、金銭を3奪う。チャリオットと並ぶ攻撃の要。

最大の特徴は金銭強奪能力の高さ。3金銭の強奪は6金銭の差を作り出す。これはカード1枚を投じても十分に引き合う報酬である。つまり、剣士は相手が人口・建物を一切配置しない回避戦術を用いている場合でも有効な打撃を与えられるのだ。また金銭強奪は防壁の影響も受けない。かなり強引に攻める事が可能だ。

そして剣士の最大の活躍の場は序盤の技術取り合戦である。陶器や石工など重要技術が開始時点で研究可能になっている場合、相手から金銭を奪う事が勝利の鍵になる。征服フェイズの選択特典で剣士を引くなどして数を揃え、一気呵成に突撃すべし。

最後に、剣士は槍兵で攻撃する際の露払いとしても使える。剣士と槍兵はどちらも近接攻撃タイプに属するので、同時に投ずれば飽和攻撃を形成する。つまり相手の斧兵の数を上回り、無条件で人口や金銭を奪える可能性が増すのだ。建物の破壊そのものは終盤になると戦略的価値が減少するが、相手の防備を融かす手段としての剣士はいつでも有効である。

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。