スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

征服 - 竜王戦

竜王戦

Strategy Station(すとすて)征服ゲームの大会。第1土曜日の20:00(募集締切)に開催される。参加者は当該時間までにIRC WIDE系#stst_tournamentチャンネルに入り、ニックネームの頭にT-を付けて参加の意思を表明する。なおIRCやすとすてに接続障害等の不具合があった場合は次週に順延とする。


頭にT-の付かないメンバーは「観戦者」と見なされる。なお混乱を避けるため、参戦者以外は20:10までチャンネルに入らない様お願いする。


大会は1対1の勝ち抜きトーナメント方式で敗者復活は無し。対戦表は専用のサイトを使って作成する。例として2009年12月に行われた小規模競技会の結果を提示する:http://challonge.com/stst


ゲーム部屋は対戦表中で名前が上にある方の競技者が作成する。1対1でターンタイマーは5分。難易度はどちらも「普通」に設定する。原則として日本語化パッチを使用するが、両競技者の合意あらばMod無しでも構わない。部屋の名前は"Tournament #試合番号"の形式に従う。パスワードは設定しない。

tournamentnum.png


各試合には「試合番号」を付ける。左上から順に#1、#2、#3・・・と割り当て。試合番号・対戦者・部屋名などは運営からのアナウンスがあるのでIRCチャンネルを見ていれば問題は無い。


試合が終わったらトーナメントチャンネルで得点と勝敗を報告する。運営はそれを対戦表に書き込む。つまり対戦表は大会の進行に従って更新されるので、ページをリロードすれば現在の状況が把握できる。


同一階層の試合は全て平行して実施する。例えば参加者が16人であれば第1回戦8試合を同時に行う。それが全て終わったら次の階層の試合へ。決勝と準決勝の前には5分間の休憩をはさむ。


・入札方式を採用;
竜王戦は公平な対戦を実現するため担当陣営を入札によって決定する。まず「Observe #試合番号」の名前でゲームを作成し、両競技者がそれを観察。次にゲーム作成者がIRC#ststチャンネルで(トーナメントチャンネルでなく通常チャンネル。telebotを利用するため)「bid 相手の名前」と発言。
スクリーンショット(2010-01-28 23.24.43)
するとtelebotからウィスパーが送られる。
これに対して「担当したい陣営」と「負っても良いハンディキャップの量」を申告する。ハンデは0から5.5まで0.5刻み。

両者が入札を終えるとそれぞれの内容が明らかにされる。希望陣営が分かれた場合はハンデ無しで対戦。同じ陣営を希望した場合はより多くのハンデを申告した方が優先される。同額の場合はそれぞれの入札時刻の秒を足し合わせ、奇数なら先に入札した者、偶数なら後に入札した者が優先される。

陣営が決まったら同じSeedで新たにゲームを作成して試合開始。ゲーム名は「Tournament #試合番号」の形式。落札者は申告した量のハンデを負って戦う。ハンデは「相手の勝利条件の緩和」という形で適用される。通常1対1の試合は6都市が勝利条件だが、先手がハンデ1を負っていれば後手は5都市を獲得する事で勝利する。

なお勝利の判定は「そのターンの全員の行動が終わった時点」で行う。つまり先手が勝利条件を満たしても、同ターン中に後手がそれを崩せばゲーム継続となる。これはゲームにもともと備わっているルール。またハンデを適用した場合に限り、同着に関する特殊処理を行う。例えば先のハンデ1の例で先手が6都市、後手が5都市を同じターンに達成したとする。この場合先手の勝利となり、ゲームはその時点で終了する。ただしハンデ1.5であれば後手が勝利。つまり0.5は同着の判定に使われる。


2010年3月6日(土)の第1回大会は無事終了。結果:http://challonge.com/ryuo_1

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。