スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王国 - 戦闘ルール

ユニットカードを消費して他のプレイヤーに攻撃を仕掛ける事ができる。戦闘の目的は建物の破壊および人口と金銭の強奪であり、土地そのものを奪えるわけではない。ゆえに建物も人も無い更地は侵略価値が極めて乏しい。

誰かが他のプレイヤーの領地に攻撃を仕掛けると、以下の順序で戦闘処理が行われる。
1.攻撃側がカタパルトを参加させていれば防壁が破壊される。
2.防御側の手札に防衛行動の可能なカードがあれば、1枚につき1回ユニット同士の戦闘が発生する。例えば攻撃側が剣士・斧兵・チャリオットで防御側が槍兵と斧兵を持っていれば、剣士と斧兵、チャリオットと槍兵がそれぞれ戦う。
3.攻撃側の敗北したカードは略奪に参加しない。例えば攻撃側の剣士が防御側の斧兵に防がれたとする。この場合、剣士による建物の破壊と金銭の強奪は発生しない。
4.攻撃側の勝利したカードはそのまま略奪に参加する。
5.防御側のカードは戦闘結果に関わり無く捨てられる。その後同数のランダムなカードを引く。
6.防壁が無ければ領地に対する略奪が発生する。この例では斧兵が建物を1つ破壊し、チャリオットが人口を1強奪する。
7.防御側の国庫から金銭が奪われ攻撃側に帰する。この例ではチャリオットが金銭2を奪う。
8.全ての戦闘が解決された後、攻撃者は奪った人口を自分の領地に加える。

備考:
王国ゲームでは同時ターン制が採用されている。つまり全プレイヤーの行動が同時に解決される。防壁の無い土地に攻め込んだつもりでもそのターン中に建設されている可能性がある。
・奪った人口はどの領地にでも追加できる。つまり1つの場所に大量の人口を集中定住させる事も可能。同じ事を通常の成長で行うと食料コストが莫大になる。
・カタパルトは迎撃されない。
・防壁は土地への被害を防ぐ施設。戦闘そのものを有利にはしない。
・破壊された建物はカードになって被害者の手札に戻る。

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。